糖尿病の人が寝る前にしてはいけない事!食事と運動の優先順位は?

【警告】糖尿病の人が寝る前にしてはいけない事!食事と運動の優先順位は?

糖尿病の人が寝る前にしてはいけない事!食事と運動の優先順位は?

 

 

糖尿病になると、やってはいけない事が色々あるのをご存知ですか?食事で糖質の多い食べ物に偏らない、暴飲暴食もいけませんね。運動不足や体重の増加、寝る前にしてはいけない事などあります。逆に、やらなければならない事も沢山ありますね。食事療法、運動療法などは基本でし、期待する効果が得られない場合は薬物療法を取り入れますよね。そこで、皆さんの気になる様な、素朴な疑問について話したいと思います。知らなかった事も幾つかあるかも知れませんよ!

 

 

 

≪糖尿病はどんな病気なのか?≫
糖尿病には、T型糖尿病、U型糖尿病、妊娠糖尿病が挙げられます。糖尿病患者の約95%がU型糖尿病です。U型糖尿病は、遺伝要因、食習慣の乱れ、肥満、運動不足、ストレス、加齢などの要因が複雑に絡み合い発症します。
私たちは、活動するために必要なエネルギー源として、食事をする事で糖質、脂質、タンパク質を取り込んでいます。主食となる、ご飯、パン、麺類や、イモ類、野菜、果物などを食べると胃や腸で分解し、ブドウ糖を血液中に取り込み体全体へ運びます。ブドウ糖は、肝臓や筋肉でグリコーゲンとして蓄えれたり、エネルギーとして消費されます。この時、健康な人は血液中のブドウ糖濃度を、すい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞から分泌されるインスリンによって一定の範囲内に保ちますが、糖尿病の人は、インスリンの分泌量が少なかったり、インスリンの効き目が悪かったり、受容体の働きが悪いために、血液中のブドウ糖が消費されず、ブドウ糖濃度が高い状態(高血糖)で慢性化する事で発症します。

 

 

糖尿病の人が寝る前にしてはいけない事!食事と運動の優先順位は?

 

 

 

≪どんな人が糖尿病になりやすい?≫
・家族や親戚にU型用尿病の人がいる家系では、体質が糖尿病になりやすいと言われます。しかし、必ず発症するわけではなく生活習慣に注意すれば防げます。
・肥満の人は、日頃から食べる量が多いために、インスリンを多量に分泌する必要があり、すい臓への負担が大きいため注意が必要です。
・運動不足の人は、インスリンの感受性が低下したり、受容体の働きが悪くなる恐れがあるので注意が必要です。
・大きなストレスを抱えると、ホルモンのバランスが壊れ、インスリンの作用が悪くなるので注意が必要です。
上記のように、何らかの原因でインスリンの作用が悪くなる病気です。糖尿病は生活習慣病とも言われ、日頃の食生活や運動の習慣で防げる病気だとも言えますね!

 

 

糖尿病の人が寝る前にしてはいけない事!食事と運動の優先順位は?

 

 

 

≪糖尿病に関する疑問あれこれ?≫
・体重を減らすと血糖値は下がるのか?
  肥満の場合、インスリンの分泌量が多いためすい臓に大きな負担を掛けます。体重を減らす事で効果が出る場合もあるそうです。
・境界型糖尿病とは何か?
  75gOGTT(75gのブドウ糖を飲んで2時間後の血糖値を測定する検査)で、140〜199mg/dLの時、境界型糖尿病と診断されます。健康な人と糖尿病の人の間と思ってください。
・寝る前にしてはいけない事は何?
  寝る前に食べてはいけません。就寝すると基礎代謝だけになり、血液中のブドウ糖が消費されず高血糖状態になります。食後3時間経ってから寝てください。
・間食はしても良いのか?
  間食をすると、食後の血糖値が下がりきらないうちに、血糖値を上げる原因になるので食べない方が良いです。
・食事療法と運動療法は、どちらを優先すれば良いか?
  どちらも重要ですが、運動で消費されるブドウ糖には限界があります。したがってまずは、食事療法を優先すべきです。
・糖尿病で一番重要な事は何か?
  医師の指導に従い、治療に前向きに取り組み、血糖コントロールを充実させることです。
・一日の飲水量は?
  高血糖になると、喉が渇き脱水症状になりやすいので注意してください。腎臓機能が正常なら、一日約1〜1.5?必要で、尿量が400m?以下で色の濃い人は脱水の可能性があるので注意が必要です。
・血糖値が良くなれば、薬をやめられる?

  薬物療法を行っていても、食事療法と運動療法で血糖値が低い値で安定すれば、薬を飲む必要はありません。しかし、体質は変わらないので引き続き食事と運動に注意する事が大切ですね。
・チョコレートを食べても良いの?
  市販の板チョコ1枚(60g)には、砂糖30g(スティックシュガー10本)、脂質20gが含まれています。一日の摂取カロリーに目標が無い場合でも、少量でやめておく必要があるようですね。

 

 

糖尿病の人が寝る前にしてはいけない事!食事と運動の優先順位は?

 

 

 

≪糖尿病と運動の関係は?≫
私たちの生活は、文明の発達のおかげで便利になり、体を使うことや歩くことが少なく
なりました。運動不足は、肥満の原因でもあり、血液中のブドウ糖をエネルギーとして使わないだけでなく、インスリンの作用も弱くしてしまう原因になります。食後の血糖値を下げるためには、適度な運動を習慣にする事が大切です。運動をする事で、基礎体力の改善、筋肉の維持、肥満防止、インスリン作用の促進、ストレス解消など良い事ばかりです。
 運動量には病状や年齢によって個人差があると思いますが、週3〜5回、20分〜60分を
計150分以上目標にすると良いでしょう。決して無理をしないようにして継続する事が大
切です。
(注意事項)
病状によっては、危険な場合があるので医師の指導を必ず受けてください!

 

 

 

糖尿病は正しく理解する事が大切!運動の効果や注意点を学ぼう

 

 

 

 

糖尿病対策にはこちらのサプリもおすすめです。

 

本気の糖対策なら【ハイサラシア】タブレット
ハイサラシア