糖尿病の改善運動を行う時間帯は○○がおすすめ!その理由とは?

糖尿病の改善運動を行う時間帯は○○がおすすめ!その理由とは?

糖尿病の改善運動を行う時間帯はいつが良い?

 

 

糖尿病の患者さんにとって、運動を行うことは治療のひとつとして大変重要です。日ごろの生活の中で運動を行い時間帯にも良し悪しがありますので、しっかり理解したうえで運動を取り入れてください。

 

今回は、

 

○運動療法を行う目的とは?
○どの程度の運動が良いのでしょうか?
○運動を行う良い時間帯とは?

 

これらについてお伝えします。

 

運動療法は個人差がありますので、運動を開始する前には主治医の先生としっかり相談されて運動療法のプログラムの計画を立ててからはじめてください。継続的した運動を続けられれば必ず効果が出ますのであきらめずに実践してください。

 

 

 

○運動療法を行う目的とは?
糖尿病の中でも約90%を占めているU型糖尿病の原因は食べ過ぎ・運動不足・肥満が三大要因であるといわれています。そのため、ウオーキング・水泳などの有酸素運動と筋肉トレーニングなどの無酸素運動と組み合わせた運動をすることによってエネルギーを消費し、肥満を解消し、筋肉の活動量は上げることを目的としています。その結果、インスリンの働きも改善し、血糖値も減少します。

 

 

糖尿病の改善運動を行う時間帯は○○がおすすめ!その理由とは?

 

 

 

○どの程度の運動が良いのでしょうか?
 有酸素運動としては、軽く汗ばむ程度で少しきついと感じる運動を一日15分から30分かけて一週間に3〜4日ほど実践することをお勧めします。初心者の方は朝昼晩の3回に分けて行うほうが効果的です。運動の
強さの目安になるのは心拍数で、(220−年齢)×60%が適度な心拍数となります。例えば、60歳の場合は96ほどの心拍数が最適です。
 無酸素運動である筋力アップの運動は毎日5分でも良いので、スクワット・階段上りなどを実施してください。
個人差はありますが、一週間に150分の運動を行うことを効果的であるという研究結果が出ています。

 

 

糖尿病の改善運動を行う時間帯は○○がおすすめ!その理由とは?

 

 

 

○運動を行う良い時間帯とは?
 運動を行う時間帯は生活の中で可能な時間であればいつでも良いのですが、糖尿病の方は食後に高血糖になる方が多いため、食後に運動を行うと血液中のブドウ糖がエネルギーとして消費され糖代謝を促進するすい臓の負担を抑えることができます。日本糖尿病学会の指針によりますと、毎食後に10分から60分のウオーキングを実施することを推奨しています。ただし、血糖値が180mg/dl以上の方は10分程度のウオーキングにしてください。運動を開始する最適な時間帯は血糖値が上昇する30分から60分後から始めることをお勧めします。
 糖尿病の方で食事が不規則になりがちの方は、空腹時に運動するとからだの中でのエネルギー消費が効率的に行われずに運動後に低血糖を起こす可能性がありますので注意が必要です。いずれにしても、主治医の方を事前に相談されてから運動療法を開始してください。

 

 

 

血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」