暴露!糖尿病の改善のための効果的な運動の方法とやり方は?

暴露!糖尿病の改善のための効果的な運動の方法とやり方は?

暴露!糖尿病の改善のための効果的な運動の方法とやり方は?

 

 

糖尿病の患者さんにとって運動療法は食事療法とともに大切な生活習慣ですが、その方法を間違えると逆効果になります。正しい運動の方法とやり方を理解したうえで取り組んでください。糖尿病の治療としての運動は、設定した目標の運動量を守ることより習慣として自分のペースをどのようにして継続させていくかが大きなポイントです。無理をしないで始めることが大切です。

 

今回は、

 

○運動を始める前にすることとは?
○どんな運動の方法があるのか?
○どの程度の運動を行うのか?

 

これらについてお伝えします。

 

個人ごとにからだの状態は異なりますので、自分に合った運動を行うことが大切です。充分に事前に目的・内容・効果を理解したうえで運動をはじめるようにしてください。

 

 

 

○運動を始める前にすることとは?
運動を始める前にからだのチェックを行い、主治医の先生と相談して運動療法のプログラムを作成することをお勧めします。
 メディカルチェックでは、血糖検査・肺機能・心電図・眼底検査・尿たんぱく・関節障害の有無などを調べて合併症が隠れていないかどうかを調べてください。もし、合併症の可能性がある場合は専門医を受診してください。また、運動に支障がでそうなしびれ・痛みなどがあれば主治医に相談してください。
 いずれにしても、主治医の指導のもとで運動療法の進め方を決めてください。

 

 

暴露!糖尿病の改善のための効果的な運動の方法とやり方は?

 

 

 

○どんな運動の方法があるのか?
 運動療法には大きく2種類の運動の方法があります。一つは、酸素を充分に取り入れて血糖・脂肪を効率的に燃焼させて血糖値を下げることを目的とした有酸素運動です。もう一つは筋トレのようにからだの基礎代謝を上げてエネルギー消費を促して脂肪をつきにくくする無酸素運動です。
 糖尿病の治療として効果的な運動としてはウォーキング・水泳・サイクリングなどの全身運動である有酸素運動から開始することをお勧めします。
歩行運動は、いつでも・どこでも・一人で行え、個人ごとに歩き方・歩く速度を変えることができますので、通勤・買い物のときにも行えます。ただし、膝・腰に負担がかかることが心配な方は、水中ウォーキングとかサイクリングなどを組み入れることをお勧めします。また、ウォーキングにとって大切なのでは膝・足腰への負担をかけないクッション入りのウォーキング専用シューズを用意することも忘れないでください。

 

 

暴露!糖尿病の改善のための効果的な運動の方法とやり方は?

 

 

 

○どの程度の運動を行うのか?
効果的な運動による消費エネルギーは、一日160〜240キロカロリーが良いとされています。ウォーキングの場合、人と会話できる程度の速さで歩くことを一回15〜30分間で一日2回行ってください。一週間に3日ほど行うことをお勧めします。
運動を行う時間帯は食後1〜2時間以内が最適です。食後、血糖値が最も高くなる時間帯であり効果も出ます。ちなみに、インスリン投与・血糖降下薬を飲んでいる方は食前に運動すると低血糖になる可能性があるので注意してください。
また、運動は毎日続ける必要はなく、体調などを考慮しながら一日おきにしてもインスリンの働きをたかめる効果は持続しています。重要なことは長く継続して運動を行うことです。

 

 

 

糖尿病の改善のために効果のある運動のDVDをご紹介!