糖尿病治療に足踏み運動を取り入れる理由とは?必要性と効果的な方法

糖尿病治療に足踏み運動を取り入れる理由とは?必要性と効果的な方法

糖尿病治療に足踏み運動を取り入れる理由とは?必要性と効果的な方法

 

 

糖尿病になると、血糖値をうまくコントロールすることができない状態になるので、運動による病状改善を期待して治療に取り入れます。運動は、血液中にあふれたブドウ糖がエネルギー源として燃焼されることで血糖値を下げる効果があり、継続することでより燃焼しやすい体に変化します。インスリンの効果も活性化されるため、血糖コントロールに役立ちます。しかし、患者自身が運動を取り入れる必要性を理解して実践に移せても、それを長期にわたって継続することは簡単なことではありません。運動は継続することで効果を発揮していくので、途中でやめてしまうと効果が現れなくなります。はじめのうちは少しの時間でいいので、できることから始めることが大切です。

 

 

そこで今回は、

 

・糖尿病に有効な有酸素運動とは?
・生活に中で取り入れられる足踏み運動
・効果的な足踏みの方法

 

これらについてお伝えします。

 

足踏みは家の中でもできる運動なので、時間や身体的な負担が軽減できます。病状の改善や合併症予防につながるので、積極的に生活の中に取り入れて継続しましょう。

 

糖尿病治療に足踏み運動を取り入れる理由とは?必要性と効果的な方法

 

 

 

糖尿病に有効な有酸素運動

 

糖尿病の運動療法には、有酸素運動が有効です。有酸素運動とは、体内に酸素を多く取り入れながら、糖質や脂肪を燃焼させてエネルギーを作り出させることです。有酸素運動を行っているときはリズミカルに深い呼吸になっているので、多くの酸素を吸収することが可能になります。体内に多くの酸素を供給することで細胞が活性化されるので、脂肪の燃焼が向上して血糖値を効果的に下げることができます。また、ゆっくりとした有酸素運動では筋肉にあまり負担がかからないので、疲労が蓄積する乳酸を生産させません。運動を長時間続けることが可能になり、筋力の向上につながります。そして、血行が改善して健康維持や太らない体づくりにも有効です。
有酸素運動では、ウォーキングやジョギング、水泳が効果的ですが、時間的なことや身体的な負担、気候などの影響を受けやすくなります。また、糖尿病患者の場合、病気の進行具合によってはこれらを行うことでさらに悪化することさえあります。自分の体調や目的に合わせて、強度を変更させることや自分のペースで行うことが必要です。

 

 

糖尿病治療に足踏み運動を取り入れる理由とは?必要性と効果的な方法

 

 

 

生活の中に取り入れられる足踏み運動

 

糖尿病の運動療法として実施するときは、激しすぎることなく、継続できる運動が必要です。天候などの環境にも左右されることなく、毎日の生活の中で取り入れられる有酸素運動であることが望ましいです。その中で、短時間でも効果が得られる運動として足踏み運動があります。テレビを見ているとき、歯磨きをしているとき、デスクワークを行っているとき、掃除機をかけているときや台所に立っているときなど、どんな場面でも行うことができ、こまめに体を動かすことでより効果が出ます。場所を選ぶことなく実施できる足踏み運動は、糖尿病の改善に効果が期待できます。
テレビを見ているとき、足踏みを実践したときと何もしないで座ったまま見ていたときとでは足踏みしたときのほうが3倍も運動効果があるとの報告があります。また、ウォーキングの約8割の運動効果も得られるともいわれており、継続して行うことで基礎代謝の向上にもつながります。しかし、いつでもできるからと後回しにすることも容易です。そのため、実践する内容な時間などの目標を決めて取り組むことや気が付いたときはすぐに行うなど意識して取り組むことが大切になります。自分のやりやすい場所や時間を見つけて、今までは単なる日常生活の中の行動だったものを運動としてとらえて実践していきましょう。

 

 

糖尿病治療に足踏み運動を取り入れる理由とは?必要性と効果的な方法

 

 

 

足踏みの効果的な方法

 

立って行う足踏み運動の方法は、背筋をしっかり伸ばした姿勢まっすぐに立ち、その場で太ももを床と並行になるぐらいの高さまでゆっくり上げて、おろすときはつま先から静かに床につけます。足踏みします。太ももを上げたり下げたりする動きで筋力が作動するので、足は高く上げるほどエネルギーが消費されます。お腹をへこますように力を入れて、腕も大きく振るとより効果的です。座って行うときは椅子には浅く腰を掛けます。背筋を曲げないことや後ろに反り返らないように注意しましょう。足を高く上げる足踏みができない状況のときは、つま先は動かさないでかかとの上げ下げをするだけでも大丈夫です。
歯磨きをしながら、料理や掃除機など家事をしながら、デスクワークを行いながらなど足踏みしてください。好きな音楽をかけながらすることもお勧めです。実際行ってみると、もしかしたら想像しているより運動量があることや疲労感を実感するかもしれません。無理すると続かないだけではなく、体に負担がかかり糖尿病を悪化させることにもつながりかねないので、できる範囲で行いましょう。
運動は蓄積になるので何回かに分けながらでも大丈夫なので、一日全体で30分ほど実践してください。1つずつの動作は少なくて短時間で行えるものなので、すぐに効果を実感できる運動ではありませんが、必ず効果につながっています。

 

 

糖尿病治療に足踏み運動を取り入れる理由とは?必要性と効果的な方法

 

 

 

足踏み運動の取り組み方はいろいろあります。好きな時間に好きな方法で、自分に合ったペースで実践してください。継続することこそが大切です。

 

 

 

 

 

 

糖尿病の運動療法、1日にどれぐらい?どんな運動を行えばいいの?