糖尿病と言われたら?運動療法での効果的な高血糖対策まとめ

糖尿病と言われたら?運動療法での効果的な高血糖対策まとめ

糖尿病と言われたら?運動療法での効果的な高血糖対策まとめ

 

 

糖尿病を患っている人は自分の病気について調べて、なんて恐ろしい病気なんだろうと毎日が不安な事ばかりですよね。子供の頃はまさか自分が発症するなんて夢にも思ってみなかったはずです。

 

私も家族が発症するまではまるで無関心で、病気について知った時には身が凍る思いでした。簡単に言えば高血糖がずっと続いている状態の病気で、人それぞれが抱えている何らかの原因で発症しているようですが、こんなに不安要素があるなんて冗談じゃないですよね。

 

私の幼馴染のお父さんも糖尿病でインスリンの注射をずっと打っていました。とっても優しく穏やかな人で「私もあんなお父さんが良いなあ」と常に羨ましがっていたものです。しかし穏やかな顔の裏側でおじさんはとても頑張っていたんだなと思うと、やりきれない気持ちでいっぱいです。

 

高血糖は恐ろしい合併症への道を辿りかねませんよね。特に糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症の3大合併症と言われるものなど聞いただけで眩暈がしそうです。何とか高血糖をこれ以上悪化させないよう対策を考えなければいけませんね。

 

自分ですぐにでも始められることは食事療法と運動療法なのですが、今回はそのうちの運動療法に焦点を当て

 

◎運動することで高血糖はどうなるか?
◎高血糖に効果的な運動
◎運動で高血糖を予防する

 

という事を調べてみました。

 

皆が幸せでいられるように自分の生活は自分で守りましょう。

 

 

 

運動することで高血糖はどうなるか?

 

一口に運動と言っても糖尿病悪化対策の運動療法も最初はなかなか大変ですよね。それでなくても不安な毎日の中、すべての方法が疑心暗鬼になってしまう事もあるでしょう。
しかし自分の身体をこれ以上悪化させないようにする為に、ここは一つ「運動をやるぞ!」と決心しなければなりません。生活習慣のリフォームの時なのです。

 

運動することによって

 

●血糖値の改善を目指せます
現在働きの悪いインスリンが刺激を受け、その働きが改善すると私達の身体で重要なブドウ糖が正常な働きへと向かい、血糖を下げるのです。小川のせせらぎのような澄み切ったサラサラとした血流が想像できるでしょう。

 

●ブドウ糖と脂肪の消費が活発になります
長期間の継続運動で体脂肪や内臓脂肪が減り体重が程良く減ってきます。おまけに筋肉や心肺機能の高まりが期待でき体力や持久力が増えてきます。そうなれば動く事の負担も減りダイエットも期待できますね。

 

●無理のない範囲で良い気分転換ができるのでストレスも解消されやすくなります
それでなくても運動した後はスッキリして気持ちの良いものですよね。自然と笑顔になれそうではありませんか?

 

●血流を良い方向へ向かわせることにより高血圧や体内脂肪の改善が期待でき、動脈硬化のリスクも避けやすくなります
これを聞いただけですぐに始めようと思いますよね。

 

 

糖尿病と言われたら?運動療法での効果的な高血糖対策まとめ

 

 

 

高血糖に効果的な運動

 

呼吸を意識しながら行う有酸素運動、中でもジョギングやウォーキングが効果的とされています。しっかりとした準備運動の後、無理のない範囲で行う事は今すぐから始められますね。

 

時々水が怖いという人もいますがそうでなければ水泳も効果的ですよ。何も水しぶきをあげながら泳がずとも少しずつから始めると気分的にも違うのでは?
水中ウォーキングも趣向が変わって面白そうですよ。水の抵抗の中、前進していく事は達成感も味わえそうです。

 

自転車こぎも良いですね。太ももに負荷がかかり最初は筋肉痛になるかもしれませんが、これも無理のない程度で行うとはっきりした効果が望めそうです。サイクリングなんかいかがでしょう。街中は危険性も伴う事がありますが、自転車で遠出をして気持ちの良い空気を吸うとリフレッシュ効果も抜群ですよね。ただあまり時間の無い人はスポーツジムなどでの備え付け機器を利用すると良いですね。

 

他に少しきついかもしれませんが、ジャズダンスやフラダンスなども楽しいです。教室で皆と一緒に踊っていると日常からかけ離れた気分になれますよね。ただこの方法はどうしても衣装に目が行ってしまうので目的からずれないようにご注意をお願いします。

 

血糖の消費を活発にする効果が期待できる筋肉トレーニングも良いですよ。
筋肉に負荷をかけますので準備体操後ジワーっと始めましょう。最初は椅子を利用すると安定感があるので良いようです。座って膝を伸ばしゆっくり上げ下げしてみたり、座ったり立ち上がったりとスクワットのようなものや椅子の背を持って片足ずつだけで3~5秒立ってみたりという方法ですね。そして慣れれば椅子から離れてひじを曲げ、それに届くよう太もも上げをするという方法もかなり筋肉を鍛えられます。

 

運動効果を上げるために筋肉や関節を柔らかくするストレッチも是非取り入れたいものです。立ったまま手すりなどにつかまってふくらはぎや太もも全体をゆっくり伸ばしたり、身体全体をそれぞれ無理せずゆっくり伸ばしきると血流がアップでき高血糖を下げる効果が期待できますね。この時ももちろん準備体操は忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

 

糖尿病と言われたら?運動療法での効果的な高血糖対策まとめ

 

 

 

運動で高血糖を予防する

 

気の遠くなるような恐ろしい合併症を予防する為にも、またこれ以上悪化させない為にもそれぞれの運動療法を毎日コツコツと行いましょう。何もしなければ高血糖状態のまま病気が進行しかねません。本当は高血糖を断ち切りたいですよね。生活習慣の見直しを始める事に決心できたら後はそれを継続させる工夫をしていけばよいのです。体重計、血圧計、歩数計、メジャー等のグッズを使いながら高血糖対策に立ち向かいましょう。 

 

自分や家族の平穏で幸せな暮らしを守る為、自分の身体を守る為、運動療法を生活の中にうまく取り入れ頑張りましょうね。

 

 

糖尿病と言われたら?運動療法での効果的な高血糖対策まとめ

 

 

 

糖尿病です…私は運動でどれくらいのカロリーを消費するべき?