糖尿病には運動療法が一番。上手に予防改善するコツは?

糖尿病には運動療法が一番。上手に予防改善するコツは?

糖尿病には運動療法が一番。上手に予防改善するコツは?

 

 

糖尿病の発症がわかった時その対策として自分で始められる事は食事療法と運動療法ですよね。ただ食事療法については個々人に生活のリズムがあったり、環境があったりなので難しい点もたくさん出てきますね。

 

家族と一緒に暮らしている場合、献立メニューは健康な人から見れば少し物足りなく思いますのでどうしても一人だけのメニューが必要になってくる事も多いです。会社員は特に外食だとコントロールしにくいのでお弁当が有難いのですが、自分で作れない場合もありますので作ってくれる人の協力が必要になります。

 

それに比べ運動療法であれば自分のペースで好きな時に好きな運動メニューで始められるのです。自分の身体の為を思えばすぐにでも始めたいところですね。しかし一口に運動と言ってもやみくもに行えば良いというものでもなく、ある程度のコツは押さえてからの方が効果的ですね。運動をしてかえって体調が優れなくなったとか一生懸命にするのにほとんど効果が無いような無意味な事をしていたのかも?とかどんな運動が良いのか?とかわかりづらい事もありますよね。

 

そこで今回は

 

◎運動前にやるべき事
◎どんな運動をしたら良いのか?
◎運動を行う時間は?

 

という事について調べてみました。

 

回り道をする事の無いようコツをつかんで効果的な運動を行いましょう。

 

 

 

運動前にやるべき事

 

何を始めるにしても物事を効果的に行う為にはその前準備というものが大事です。糖尿病悪化対策または予防対策の運動を始めます、という人であれば体調の優れない人も多いでしょう。まず、かかりつけのお医者さんに相談して運動療法を始める為の検査を受けましょう。そして自己流で失敗する事の無いよう自分に適切な運動療法の指導をしてもらった方が良いですね。それを継続して地道に実践していく事が糖尿病対策のコツなのです。もちろん言われたとおりにするという事は最初、面倒くさいと思うかもしれません。しかしそれに慣れてしまえば後はスムーズにいきます。最初が肝心ですよね。

 

運動する筝自体にOKが出たら、後は自分のペースと先生の指導を組み合わせればよいでしょう。もし、運動メニューの中に必要なグッズ、例えば靴等があれば揃えておいた方が良いですね。私などは何か物事を始めるとそれに必要と思われる物が次から次に出て余計な出費までしてしまい、それで終わってしまうパターンです。このような事を防ぐ為にもグッズを揃えたら後は運動に没頭するという事を心掛けなければいけませんね。

 

 

糖尿病には運動療法が一番。上手に予防改善するコツは?

 

 

 

どんな運動をしたら良いのか?

 

運動と言ってもどんなことをしたら良いのか悩んでしまいますよね。しかし病院によっては「歩く事ですよ」と簡単に言って終わる事もあります。病院での事前の検査でチェック済みで「体に負担の無い程度の運動可能ですよ」と言われれば、まず日常の生活の中での動き方を工夫することから始めると負担になりませんね。歩く時にはいつもより少しだけ速く歩いてみるとか、階段があればその上り下りで筋力をアップさせるのも負担なく出来るコツですよ。他にも1日1回は外出して10分ほどの散歩をする等、さり気なく取り入れられるものは結構多いです。外食をしなければならなかったという場合は、その分のカロリーを消費させるとかデスクワークでは時々立って筋肉を使いながら作業をするとかが良いですよ。

 

後は血流を良くしていくストレッチです。深く呼吸をしながら20〜30秒位かけて痛いと感じないように無理せず伸ばしきると身体の隅々に血液が流れていくように感じられて気持ち良いですね。

 

それから代謝を良くして筋肉を増やすスクワットのような筋肉トレーニングです。、もも上げや片足上げなども効果的です。

 

そして有酸素運動です。脂肪燃焼をして体脂肪を減らすウォーキングは運動療法の中でも私達にとってお馴染みですよね。よく大きく腕を振ってトントントンとリズムに乗っているように歩いている人は多いでしょう。水中ウォーキングや自転車こぎ等も膝に負担がかかりにくいので良い運動ですね。私も水中で動く事は身体がフワンと浮いて何とも気持ちの良い感覚になれますから大好きです。他に水泳、ダンス等バラエティーに富んだ種類の運動が多いですね。楽しんで行う事が効果を期待できるコツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

糖尿病には運動療法が一番。上手に予防改善するコツは?

 

 

 

運動を行う時間は?

 

運動療法の効果的な時間は1日に30分位です。まとめて30分でも1日の中で小分けにして合計30分でも自分のペースで行うと精神的にも楽ですよね。さあ、これから30分頑張るぞとは思っても何故かその日は朝からだるいという日もありますし…。負担に感じながらも自分の為と無理矢理頑張っていると精神的に良くありませんよね。私も一気にダーッとやって段々嫌になり、もう2度としたくないなんていう経験はよくありました。そうなると一時的なものでしかなくなるのでなくなるので自分の為にはなりませんものね。いずれにしても1日30分を週に3〜4回以上行う事がコツなのです。

 

では、運動をする時間帯なのですが食前はダメというわけではありませんが運動する事によって低血糖を起こす事がありますから心配です。これは食後に上がった血糖値を下げる効果があるから食後1時間後位から始める方が良いですよ。ちょっとしたコツをつかんでいるとただやみくもに運動をするよりもずっと効果が上がりますよね。

 

継続した毎日の運動療法で糖尿病対策に頑張りましょう。

 

 

糖尿病には運動療法が一番。上手に予防改善するコツは?

 

 

 

糖尿病に運動は効果的って聞くけど、筋肉も関係しているって本当?

 

 

 

 

こちらもおすすめ!

 

【暴露!】EMSマシンボディカルの評判や口コミ、効果、通販での購入方法は?